05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

人生やりなおし記

ジョジョネタが書きたいだけの管理人「たお」のチラシの裏

 

Fate/Zero 第23話 「最果ての海」 感想 

「敵は万夫不当の英雄王―相手にとって不足なし!
いざ益荒男たちよ、原初の英霊に我らが覇道を示そうぞ!」


tudoewagadouhouyoooo.jpg

「さぁ、見果てぬ夢の結末を知るがいい。この我が手ずから理を示そう」

ounogunsei6.jpg


ライダーVSアーチャー!
征服王VS英雄王!!

そして…

王の軍勢VS王の財宝

ついに、Fate/Zeroの本当の王を決める戦いが始まる!!

征服王の行く手を遮る英雄王。
二人は杯を交わす。
sakenomu.jpg

もはや完全に友。親友。仲よすぎだろ!!!
が、英雄王の友はただ一人。所詮は相容れない関係…。

raia-chaaa.jpg

「お前ら、本当は仲がいいのか?」

「まぁ、今から殺し合うとあってはな。
あるいは余が生涯最後に視線を交わす相手になるかもしれんのだ。
邪険にできるはずもなかろうよ」

soudanaa.jpg

「…馬鹿言うなよ」
「お前が殺されるわけないだろ。承知しないぞ、ボクの令呪を忘れたか?」

oaegakoro.jpg

「令呪を持って命ずる。ライダーよ、必ずや最期までお前が勝ち抜け」

「重ねて令呪を持って命ずる。ライダーよ、必ずお前が聖杯をつかめ」

「更に重ねて令呪で命ずる。ライダーよ、世界を掴め。失敗なんて許さない」


ライダーがついにあの宝具を繰り出すのだ。

「そうだな…ああ、その通りだとも!」
「集えよ、我が同朋!今宵、我らは最強の伝説に勇姿を印す!」

「敵は万夫不当の英雄王!
相手にとって不足なし!
いざ益荒男たちよ、原初の英霊に我らの覇道を示そうぞ!」


hetairoii.jpg


ounogunsei1.jpg

ounogunsei2.jpg
王の軍勢

ounogunsei3.jpg

アイオニオンヘタイロイ!!

ounogunzei4.jpg

かつてイスカンダルと共に最果ての海を目指した同胞が…
英雄王に襲いかかる!!

ounogunsei5.jpg

さしものギル様もこれには焦る……

enumaerisyu1.jpg

焦ってねえええええええええええええええええええええええ!!!!

arararrrarari.jpg

『AAAALaLaLaLaLaie!!』


arararrari.jpg

ウェイバーのアアアラララライイイが初々しい。
が、ここからまさかのギル様の慢心なし。本気英雄王が。
こうなったらこの男。無敵である。

「夢をを束ねて覇道を志す……
その意気込みは褒めてやる。だが兵どもよ、弁えていたか?

enumaerisyu2.jpg

夢とは、やがては須く醒めて消えるが道理だと。

enumaerisyu3.jpg

なればこそ、お前の行く手に我が立ちはだかるは必然であったな。征服王。

enumaerisyu4.jpg

さぁ、見果てぬ夢の結末を知るがいい。この我が手ずから理を示そう」

enumaerisyu5.jpg



鍵!!?鍵剣だとおおおお!!?
なんという演出!!この不思議剣はあああああああああ!!

enumaerisyu6.jpg

「さぁ目覚めろエアよ、お前に相応しき舞台が整った!」

enumaerisyu7.jpg

この剣の名はエア---古代メソポタミア神話において、『天』『中』と別れた大地の水の神。
その名で呼ばれる乖離剣こそは、神代において世界の創造に立ち会った原初の剣。
主人公補正でも投影できない。ハイパーウルトラチート対界宝具
あのわがまま金ピカ王が認めた相手にしか抜かない最強のドリル!!

「いざ仰げ---『天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)』を!」

enumaerisyu8.jpg

enumaerisyu10.jpg

とんでもねえ。
ステイナイトのエボいエヌマ・エリシュどころの騒ぎじゃねえ。

enumaerisyu11.jpg

ライダーのアイオニオンヘタイロイが一瞬で崩壊した。チートなんてレベルじゃねえ!!!

……。
これは…。ライダー。万策尽きたか…。
そしてライダーが口を開く。

「そういえば、ひとつ訊いておかねばならないことがあったのだ。

 ――ウェイバー・ベルベットよ。臣として余に仕える気はあるか」

rastraida-.jpg

初めて小僧じゃなく、ウェイバーと呼んだこのシーン。
涙腺がやばい。

「――あなたこそ、ボクの王だ。
あなたに仕える。あなたに尽くす。どうかボクを導いてほしい。

同じ夢を見させてほしい」

anatakosoouda.jpg

ウェイバーも完全にイスカンダルへの敬意を初めて表に出す。もう涙腺がry

「うむ、良かろう」
sayonaraida-.jpg

「生きろ、ウェイバー。すべてを見届け、そして生き永らえて語るのだ。
貴様の王の在り方を、このイスカンダルの疾走を」

sayonaraida-2.jpg

臣下の視線をその背に受け!王は駆ける!!

sayonaraida-3.jpg

最強の敵英雄王に向かって!駆ける!!
sayonaraida-4.jpg

これが漢の生き様!!本物の王の生き方!!!
sayonaraida-5.jpg

最強の敵の無数の剣を受けても!馬を葬り去られても歩みを止めない!
その姿に!!全俺が泣いた!!!
sayonaraida-6.jpg

そして!ついに!征服王の剣が英雄王に届いた!!!

sayonaraida-7.jpg

と思ったらまさかの…!!
英雄王の親友の名を冠した宝具がここで登場。

対神宝具「天の鎖(エルキドゥ)」

sayonaraida-8.jpg

天の鎖(エルキドゥ):
神を律する鎖。相手の神性が高いほど制約・拘束力が高まる。
ただしいくら縛り上げても無力化は出来ない。尚、神性を持たない存在にとっては少々頑丈な鎖


エルキドゥはアーサーも女だったので女ってことにして欲しい。
それは置いておいて。
完全に拘束されるイスカンダルさん。

ぎゃああああああああああ!!
sayoanraida-9.jpg

――夢より 醒めたか? 征服王

yumeyorisametaka.jpg

……ああ、うん。 そうさな……
此度の遠征も、また……存分に、
心躍ったのぅ……



最後の最後に。最果ての海を見つけたイスカンダル。

okehanosu.jpg

「また幾度なりとも挑むが良いぞ。征服王。
 時空の果てまで、この世界は余さず我の庭だ。
 故に我が保証する。世界は決して、そなたを飽きさせることはない」


「ホォ……そりゃあ、いい、な……」

raida-taijou.jpg

要約:「また、遊ぼうぜ。イスカンダル。」

ライダー……(´;ω;`)ブワッ。
さよなライダー…。

そして残されるウェイバーと英雄王。
こ、殺される。

「小僧、お前がライダーのマスターか?」

「違う。ボクは――あの人の臣下だ」

「ふむ?」
「――そうか、だが小僧、お前が真に忠臣であるならば、亡き王の仇を討つ義務があるはずだが?」

「……オマエに挑めば、ボクは死ぬ」

「当然だな」

「それはできない。ボクはあの人に『生きろ』と命じられた」


腕には令呪がない。
そして、この忠義。英雄王の決断は如何に。

「忠道、大儀である。努そのあり方を損なうな」

taigi.jpg

ギルガメッシュはこのシーンがあるから悪役に思えない。
最高すぎるわ…ギル様。かっこよすぎる。王としての器がここで出たな。
ギルガメッシュはイスカンダルを完全に認めてるってことですね。こんなに認めてた人他にいないな。
セイバーは最後まで舐めてかかってたし。

そして泣き崩れるウェイバー。

uleiba---.jpg

――これは、ウェイバーの成長の物語である。


ああ。もう一人の王様は、ついにバーサーカーの正体に…。

ransurotto1.jpg

ま、まさか。
ransutrotoo2.jpg

彼はアーサー王の。
ransurotto3.jpg

部下の。
ransutrotto4.jpg

湖の騎士…!!
ransurotto5.jpg

ランスロットだったのかーー(棒)!!
ransurotto6.jpg

「王には人の心がわからないのだ」
ransurotto7.jpg

私が追い詰めたのか…。ランスロットーー!!
ounihahitonokokorogawakaranai.jpg

セイバーがかわいい。
kawaiii.jpg



そしておじさんはロリ桜の妄想を見るまでに消耗し。
osssan.jpg
rorisakura.jpg
あ…あの女の目………
養豚場のブタでもみるかのように冷たい目だ…残酷な目だ…
aoisann.jpg

「かわいそうだけど、あしたの朝にはお肉屋さんの店先にならぶ運命なのね」
ってかんじの!

そして次回は予告だけ聞くとハッピーエンドですが…実際は…。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Reader

Category: Fate/Zero

Thread: Fate/Zero

Janre: アニメ・コミック

Tag: Fate/Zero  感想  キャプチャー  イスカンダル  ギルガメッシュ  ウェイバー  アーサー  ランスロット  間桐雁夜  最果ての海 
tb 1 : cm 0   

トラックバック

トラックバックURL
→http://taokasu.blog114.fc2.com/tb.php/445-31eda365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/Zero 第23話「最果ての海」

両雄激突! これぞ間違うことなく“神回”です!! 綺礼の挑発の狼煙により ついに第4次聖杯戦争も終局へ...  対峙したライダーとアーチャー・・・二人の王は、 戦いを前に最後の酒宴。 神威の車輪を...

空 と 夏 の 間 ... | 2012/06/10 10:31

レンタルCGI

template by http://flaw.blog80.fc2.com
レンタルCGI