08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

人生やりなおし記

ジョジョネタが書きたいだけの管理人「たお」のチラシの裏

 

ジョジョリオン第17話 「家政婦の虹村とホリー・ジョースター」 感想 

uujajaja.jpg


今月のジョジョリオンの感想です。
今月はついに、秘密が明らかに。
そして…これは切ない…。

ネタバレ注意!










































病院を追い出された康穂だったのだけど、
ここで、康穂のスタンド能力が炸裂する。

足の歯型が痛む。
足の歯型なのに口を切って緊急搬送された患者と間違えられた…だと?
後ろの患者(´・ω・)カワイソス

そして都合よく、ホリーさんの元に戻ってきた。
その際ずっと発現していた康穂のスタンド。

このスタンド。地図のボディーペイントはいいんだけど。
なんか…康穂の髪型なのが怖い。


おそらく「目的地に必ずたどり着くことができるスタンド」?

シンデレラとかGERとか涙の乗車券みたいな『運命操作系』のスタンドか。
これは強すぎじゃまいか。

ちなみに、同時刻、虹村さんに襲われている定助がタクシーにドア開けさせていたようです。


そして、ホリーさんがちょっとパープリンだったわけが発覚!
なんと…脳みそが「一部」…『奪われている』……?

ほかにも内蔵の一部が奪われているらしい。
脳みその一部が奪われていると、人が「物」に見えるらしい。

なるほど。康穂はエロ本の中の人という「物」に見えたのか…。
でも医者とは普通に会話してないですかね。

なんでもいいけど、ブーツと間違えられてるおばさんが無表情すぎて狂気を感じるw


一体誰が…?何の目的で奪ったのか?
大弥ちゃんは記憶しか奪えないし…。そんな奴いたかな。
い、いや。まさか。そんな…馬鹿な。一人心当たりがある。


それはこのあと少し明らかに。


虹村さんは定助の正体を知っていた。
それを明かすためには場所を変える必要があった…。
またあの場所である。始まりの場所。「壁の目」。

この場所に埋めたものは。

「混ざり合う」

東方家は先祖代々この秘密を守ってきたらしい。
東方家はその定助を監視するために、家に招いていた。

レモンとオレンジを埋めたら。中身が混ざり合っていた。


ドラクエモンスターズみたいに混ざり合う。

先祖…。まさか伏線だったのか?SBRに出ていた…あの…。

ノリスケヒガシカタのへそが2つあったッ!!のは。
まさかあのときからこの話を考えていたのだろうか…。さすが荒木先生だぜ。

虹村さんには感覚で分かっていた。定助が自分の肉親に通じてると。

「オレはいったい誰なんだッ!?」
「答えろォオオオォォ―――――――ッ!!」


つまり虹村さんの「兄」である。吉良吉影
「何者か」「融合」した姿が『東方定助』だった。
これはひどい。
つまり康穂に会う前の自分が皆無ということを知ってしまった。
記憶を探ろうにも…その記憶が…。融合前の二人の記憶しかないとは。




吉良吉影のスタンド…。
シャボン玉に触れると爆発する能力。
恐ろしい能力だぜ…。

ってかこれ…。




キラークイーンやないかああああああああああああああああ!!
まじかああああああああああああ!!

キラークイーン+?=ソフトアンドウェット

スタンドまで融合できるとか…。
おそらく、吉良と融合したもうひとり。
そいつがホリーさんから奪ったスタンド使い。

つまり。承太郎ポジションの奴だと俺は思うね!

それにしても今のところ仲間が全員女だな…。ハーレムか。


ジョジョリオン 2 (ジャンプコミックス)ジョジョリオン 2 (ジャンプコミックス)
(2012/04/19)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る






関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Reader

Category: ジョジョリオン感想

Thread: ジョジョの奇妙な冒険

Janre: アニメ・コミック

Tag: ジョジョ  ジョジョリオン  感想  東方定助  虹村さん  広瀬康穂  吉良吉影  ホリージョースター 
tb 0 : cm 8   

トラックバック

トラックバックURL
→http://taokasu.blog114.fc2.com/tb.php/523-ad31e218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レンタルCGI

template by http://flaw.blog80.fc2.com
レンタルCGI