03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

人生やりなおし記

ジョジョネタが書きたいだけの管理人「たお」のチラシの裏

 

ジョジョリオン第36話 「第2局」 感想  

あこがれのITARY!

2ヶ月振りの「ジョジョリオン」…来たな…。
sss_20141018214619208.jpg


というわけでジョジョリオン第36話の感想です。
ネタバレ注意ッ!!
今回の扉絵は…
東方家が勢揃い。
定助が味方か?敵か?それとも…ノーサイドかを判定している感じ。

うむ。ひとつ言えるのは常秀は何も考えてねーということだけだぜ…!!
よく見たら密葉さんいねえな。
常敏戦が終わったら、そろそろ、密葉さんか鳩姉にスポット当てるべき。

くわがた対決の続きかとおもいきや、いきなり康穂が登場!

イタリア・アマルフィに行ってみたい康穂のスマホにはランボルギーニが…。
そして、指とスマホに映しだされたランボルギーニが一体化してテレビに、その画像の現在のヴィジョンがッ!!

どこかのなまっちょろいスタンドっぽいなぁ。

自分のスタンド能力を幻覚と勘違いしている康穂のもとに来たのは…
当然!ダジャレ小僧だッ!!それが流儀ィィ!!

定助が常敏との勝負に勝ち、「目的のブツ」を手に入れたら、康穂のスタンドが必要になる模様…。

こ、このガキ…。『ペイズリー・パーク』の能力まで計算に入れていたのか!
策士め。ぬけめないダジャレ小僧だ…。

そして、片方の眉毛を沿った常敏。
…?
あれ、こ、こいつ男前だぞ。眉毛なくても違和感がない。
これでは罰ゲームになってないぞ!!

定助「だが帰る。」

常秀「逃さねーぞッ!!ド畜生がァ!!」

何故か常敏じゃなくて怒り出す次男。
土俵にメスのフェロモンを仕込んだと何故か無駄に勘がするどい。
そして臭いを嗅ぐのだッ!!フェロモンなどわかるかマヌケがッ!

常敏「常秀…おまえマジつまんない弟だなあ~~~
どこか橋の下で拾われてきた子供か?」


!?

常敏「見ろよ…このオレの眉毛を…
懐かしい子供の頃の夏休みの気分だッ!」


毎日が夏休みッ!!

この男…次男と違ってなんという頭がハッピーな男なんだ。
器のでかさが違うんだなぁ…みつを。

そしてつまんねー弟には、逆に定助の応援をしろとの命令がッ!!

常秀「な…なんで?」

ダウンロー1ド

で…どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!

第二局だッ!!

『ここはグラディエーターが戦うための場所なんだからな』

常敏さんかっけー。

そして、定助は乗り気じゃない…とみせかけて…ここからだ…。
ここからが真の目的。

賭けの対象はッ!!常敏の「ランボルギーニ」ッ!!

静かでもガヤルド!!

ランボルギーニには八木山夜露に関連する例の果物の場所が記録されているッ!!
それをペイズリー・パークに見せれば解決だ!!

クリップボード02

3000万円のガヤルドを賭けての大一番…。
常敏のクワガタは…。

パラワンではない。
ジャワ島産の「ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ」!

なんだ、サイズ的に小さいな。これはへーきへーき。

さらにマヌケな常秀によるローゼンベルグの解説が行われようとした時、
常敏の横槍が。

定助を応援しろよ。

常秀「ぐぬぬ…。」

これはきついぞ…嫌いな奴の応援…これはなかなかにきつい…。
だが、ここは男常秀の腕の見せどころだ!!

常秀「ガンバレエ~ エイ!」
定助「…」
オレ「…」


こ、これはひどい。
っていうかこの三人最高だな。この三人でジョジョジョの奇妙な冒険やろうぜもう。

さらに定助が負けた時に賭けるもの…魂ではなく…。花京院の魂でもなく。
「眼球をなめさせろ」

0c4a6a1e_20141016205306833.png

誰も得しないじゃあないか…。
3000万のランボルギーニと眼球舐めが賭けの対象?
つり合ってねーぞッ!!

いや、常敏の目的はひとつ…あるのはシンプルなたったひとつの思想だけだ…
たったひとつ!『勝利して支配する』!
それだけよ…それだけが満足感よ!
過程や……!方法なぞ………!どうでもよいのだァーーーーーーッ

この男…帝王と同じ貫禄か!!
おもしろくなってきた……最悪で犠牲は必要だが…
この定助とパラワンの「責任」は!「覚悟」が道を切り開く!!

もしかしたら、「支配する」のが常敏のスタンドに関係有るのかもね。

例えば…、仮死状態だッ!!

「甲虫類は脚の関節部分に強い衝撃を受けると、本能的に仮死状態(死んだふり)になる習性がある」

ローゼンベルグがパラワンを仮死状態にしただと…?
そのまま馬乗りで足を切られて…グロ注意!
そんな細かい攻撃ができるクワガタなんてタワーオブグレーくらいだぞ…。

こんなことは何かの能力でなくてはありえない…。

「バレなきゃドーピングはルール違反じゃないんだよ」

この時点で定助がスタンドを使ったことに気づき
本気で来たのかな?

常敏のスタンドはなんだ?虫を支配する能力?
それとも、別の何かを支配して操作しているのか?

なんでもいいけど、定助が仮死状態について図鑑で調べる速読具合早すぎね?時でも止めてるのか?

こりゃ負けて、眼球舐めくらいはされそうだな…。
第三局までいきそう…な気がする。

余裕ぶっこいてた定助は常敏のスタンドをどう攻略するのか!!
おもったより死闘になってきたぜッ!!
201401181608410b2_20141018214015dc6.jpg

この戦いはなかなかおもしろいぞッ!!
あと常敏のスタンド名はマジで「ムシキング」なんじゃないか…


関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーをはてなブックマークに追加 Subscribe with livedoor Reader

Category: ジョジョリオン感想

Thread: ジョジョの奇妙な冒険

Janre: アニメ・コミック

Tag: ジョジョリオン  感想  東方定助  東方常秀  東方常敏  東方つるぎ  広瀬康穂 
トラックバックッ! 0 :   

トラックバック

トラックバックURL
→http://taokasu.blog114.fc2.com/tb.php/895-d2756a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レンタルCGI

template by http://flaw.blog80.fc2.com
レンタルCGI